ED治療薬の使用感の比較

ED治療の副作用を理解する


ED(勃起不全症)は多くの男性が悩む症状です。日本においては1999年にバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)が販売されるようになったのがED治療の始まりです。それ以降、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)が続々と発売されED治療における選択肢も増えてきています。日本で販売されているED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの3剤はいずれも同じ作用機序で勃起不全状態を改善します。これらの薬はホスホジエステラーゼⅤを阻害することで勃起不全状態を改善します。ホスホジエステラーゼⅤは血管拡張に必要な物質であるサイクリックGMPを分解する酵素です。このホスホジエステラーゼVを阻害することでサイクリックGMP濃度は上昇し、血管が拡張し、勃起が起こる、という仕組みになっています。陰茎部の血管を拡張させることを目的としていますが、陰茎部以外の血管も拡張させるため、血管拡張による低血圧、めまい、ふらつき、頭痛、顔面紅潮、鼻づまりなどが副作用として起こることがあります。



---Menu---
①ED治療の副作用を理解する
②バイアグラ、レビトラ、シアリス服用タイミング
③第4のED治療薬としてザイデナ
ED治療 上野で薬を処方しているクリニック
兵庫の高山クリニック